テレビのニュースレポーターになる前に知っておきたい15のこと

あなたは髪と化粧のためにあなた自身です。

リーシェップスの礼儀

6.何も着ていないときは、常にそのLBDを着ることはできません。レポーターであるということは、あなたのワードローブが放映されなければならないことを意味します。翻訳:明るい色と立体のみ。私のキャリアの初めに、私はカメラのワードローブから仕立てのないスーツのジャケット、ストライプ、フリルを取り除くように何度も言われました。リネンのような生地の中には夏の流行の生地もありますが、しわが寄りやすく、磨かれていないように見えます。週末までクローゼットの中に座っているリネンのブレザーとスカートがたくさんあります。





7.あなたの靴があなたの服と一致するかどうか心配するのをやめてください。カメラでは見ることができませんが、多くの場合、記者はハイヒールをフラットやスニーカーと交換してドレスを着ています。どれだけ長く立っているのか、1日にどれだけ走り回らなければならないのかはわかりません。衣類のピンを使用してシャツやブラウスのフィット感を後ろから締めて、トップをカメラでより美しく見せるための方法を学びます。家にいる人は誰もそれを知りません。

8.女の子と仕事帰りの飲み物に別れを告げます。すべての仕事には、仕事が山積みになっているためにオフィスを離れることができないように見える日があります。ニュースでは、それらの日は午後6時のようにそれらのほとんどになります。ライブショットはかなり一般的です。あなたが報告から戻ってそれを理解する時までに、ハッピーアワーはずっと終わっています。あなたがそれらを持つことができるとあなたが気付いた夜に土壇場の計画を立てることに慣れなさい。

9.スケジュールは常に変更されます。あなたは柔軟で、一日のあらゆるシフトで働くために利用可能でなければなりません。朝働くということは、夜中に起きるということですが、昼休みに出るということでもあります。夜勤している場合は、朝中ずっと睡眠に追いつくか、ジムに行くことができます。また、感謝祭や主要な休日のために家にいることを期待しないでください。お正月でもニュースは止まらない。あなたが駅に不慣れであるならば、あなたは休日の休暇になるとスティックの短い端を手に入れるでしょう。私にとって幸運なことに、私の家族は、私が家に帰って祝うことができるときのために、2回目の感謝祭の夕食を作ります。



リーシェップスの礼儀

10.常に2台の電話を持ち歩く準備をしてください。私はいつも自分の携帯電話を見つめているような気がします、そしてそれはおそらく私がそうだからです。仕事の一部では、24時間年中無休でニュースに接続する必要があります。ほとんどのステーションでは、フィールドで電話をかけるための電話が提供されているため、外出先でメールを確認できます。仕事用の電話は素晴らしいですが、メールやニュースのヒントが1日中いつでも届くと、それを置くのが難しい場合があります。誰もあなたが一晩中利用可能でなければならないとあなたに言いません、しかし大きな最新ニュースがあるならば、あなたは上司が電話をするときにベッドから出て行かなければなりません。

11.ニュース放送が終わっても、その日は終わりません。記者として、あなたはあなたが仕事をしていないときでさえ何が起こっているかについていく必要があります。あなたはビーチでの休暇の後、月曜日の朝に来ることができず、あなたの同僚が週末に何をカバーしたのか分かりません。

12.カバーするストーリーがわからないため、厚い肌が必要です。悲劇やその他の難しい話をカバーしなければならない日があります。手元のニュースに集中するために、感情を分離する方法を学ぶ必要があります。交通事故、殺人、病気などで愛する人を亡くした悲しい話をたくさん取り上げました。私の仕事は、起こったことをカバーし、私の個人的な感情を脇に追いやることです。



13.あなたはすべての主題の専門家である必要があります。私は一般的な割り当てレポーターです。つまり、すべてのトピックに関するストーリーをカバーしています。何年にもわたって、私は他の多くのトピックの中でも、不動産、法律、スポーツ、政治、水圧破砕、および経済学をブラッシュアップしなければなりませんでした。

14.ソーシャルメディアを日記にすることはできません。友達はステータスの更新を自由に投稿できますが、レポーターとして、ソーシャルメディアでの発言を意識する必要があります。記者は公平でなければならないので、あなた自身にあなたの意見を保管してください。オンラインまたは放送中の投稿に専門的でないコメントをしたことで、一瞬で解雇される可能性があります。悲劇的な話に笑顔の自撮り写真を投稿して、それがどれほど不適切であるかを知らない記者もいます。それらにならないでください。記者が最後に望んでいるのは、メディアブログの1つで嘲笑されることです。

15.次に何に取り組むかはわかりません。人々はいつも私に尋ねます、「あなたは明日どんな話をしていますか?または、「明日どこに行くのか知っていますか?」そして、私は「わからない」と答えます。毎日、ゼロから始めます。朝(または深夜)に目覚めたとき、どこに行くのか、誰に会うのかわかりません。仕事はいつも爽快で、他に何もすることは想像できません。

リーをフォローする ツイッターインスタグラム 、および フェイスブック